スソワキガの悩みを解消しよう|ニオイが出るメカニズム

有効な方法を伝授

整形治療

ほうれい線があることで、疲れた印象に見えたり、実年齢よりも高齢に見えることがあります。対策をしていかないと、どんどんほうれい線は深く刻まれ、取り返しがつかないことになるでしょう。できるだけ早めに対策を始めていくのが肝心になります。まずは日頃の生活の中で意識することが大切です。ほうれい線ができやすい環境をつくらないことが、対策としては有効だといえます。まず、眠るときの姿勢が重要になります。寝るときは、仰向けではなく、いつも同じ横向きや、うつ伏せという人は気をつけるべきです。寝ている間に重力の影響を受けて、皮膚がたれ下がってしまい、ほうれい線がつきやすくなります。また、日中もいくつか気をつけるポイントがあります。頬づえをついてしまう癖がある人や、食事では左右どちらかの奥歯しか使わない癖がある人は、特に注意が必要です。寝ているときも、起きているときも、顔のどちらかだけに力を入れたりするなど、アンバランスな行動をしていることで、ほうれい線もアンバランスに刻まれてしまうのです。バランスよく頬の筋肉を使うことを意識しましょう。また、普段の表情も口角を上げるような意識をするなど、ちょっとした心がけで、ほうれい線対策をすることができます。しかし深く刻まれてしまったほうれい線をセルフケアで消すことは困難だといえます。そうした場合は、美容外科クリニックで、ヒアルロン酸などを注入したり、特殊な糸を埋め込む施術で改善することがおすすめです。